category: 中国料理  1/41

中国菜 香山 @その5 (中国料理:本町) 混ぜるべし

どうも、シェイフ・サアディーです。我々は社交に別れを告げ、離れて住まんと志を立てけり。なぜならば、孤独の裡にいるほうが安心し得るからなり。 香山。水または木曜日は自然とここへ足が向く。以前は素通りして「田中の中華そば」へ歩を進めていたが、最近はここで行軍は止まる。 月・火・金は担担麺。水・木は麻婆豆腐。担担麺も美味かったが、ここのランチはやはり麻婆豆腐。皆もそう思うのか、水・木の方が客数は...

  •  0
  •  0

真怡記 (中国料理:靱公園) ねぎ汁そばが食べたくて

どうも、ゴルゴ13ことデューク・東郷です。俺に敵対する者、裏切る者は俺の手でカタをつける!それが俺のルールだ。 たまには、ラーメンと蕎麦以外のランチでも。訪れたのは、靭公園近くの真怡記。界隈で人気の中華料理だ。1階はカウンター席と4人用テーブル2卓だが、2階席もあるらしく、どんどん人が吸い込まれていく。 鶏塩そば。「結局ラーメンやん」って話だが、厳密には違う。中華のねぎ汁そばを食べたくて、この店...

  •  0
  •  0

中国菜 香山 @その4 (中国料理:本町) 気持ちよい汗かきランチ

どうも、初代ビーコンズフィールド伯爵ベンジャミン・ディズレーリです。雄弁家は自分の冗漫な多弁に酔う。 中華ランチを求めて、香山。この日は打合せが押し、昼のピークタイムをいささか過ぎたので、混雑の麻婆豆腐デーだが、楽々の入店。ただ、バイトか社員か知らぬが、ホール担当の兄ちゃんが、後片付けに気の毒なぐらい追われている。 お兄ちゃんが落ち着くと、お冷や箸、散蓮華、おしぼりがセットされて準備完了。...

  •  0
  •  0