サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

毎度毎度のあるある詐欺。
ただし、劣化する一方。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

カテゴリ:立ち呑みのエントリー一覧

  • イマナカ酒店 (立ち呑み:十三) 東京流儀のチューハイを求めて

    どうも、ジャン・ド・ラ・ブリュイエールです。阿呆は話さない愚者であるが、話す愚者よりも良い。甘くない東京風チューハイを求めて十三へ。大阪はプレーンで頼もうが、甘ったるいチューハイが大半を占めており、本当につまらないと不満が日ごとに募る。 阪急十三東口からすぐのところ、イマナカ酒店。ここでは、東京下町流儀のチューハイが呑めるという。 酒屋の角打ちのはずだが、もはや立ち呑み専業と思われる店内。...

  • 寅屋天満 (立ち呑み・焼きとん:天満) 東京下町の雰囲気や良し、ただし終わり早し

    どうも、ガイウス・ユリウス・カエサルです。人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない。 東京下町で呑んで以来、サッパリしたチューハイが大好きになった。と同時に、プレーンで頼んでも何だかんだで甘い関西のチューハイが大の苦手になった。とくに、サーバーで供される大手ビールメーカーの奴は、甘ったるくてどうにもならぬ。東京風のチューハイを大阪で探し...

  • 立飲み たきおか (立ち呑み:上野) 清く正しい立ち呑み

    吉野鮨の後は、お江戸の町を少しブラブラ。荷物を下ろしたいが、ホテルのチェックイン時刻まで、まだ間がある。気づけば上野に来ていた。昼から思いっきり呑める店がひしめきあい、大阪人がホッとする雰囲気もあり、なんだかんだで引き寄せられる界隈。 やってきたのは、たきおか。目の前に人気立ち飲みのカドクラがあり、人気居酒屋の大統領があるが、このたきおかもひっきりなしに客が入る人気ぶり。違いは、ちょっと客層が...

≪前のページ≪   1ページ/16ページ   ≫次のページ≫