category: 居酒屋・海鮮料理  1/109

地魚と天ぷら うろこ屋 @その2 (居酒屋:東心斎橋) サメ食べる会

昨晩開催された、うろこ屋では第1回の「サメ食べる会」に訪問した。思い出を忘れぬうちにと、このブログでは珍しい速報レポート。サメ食べる会。サメやエイなど軟骨魚綱を楽しむ会である。 前菜は、サカタザメの煮凝り。和名にサメと付くが、見た目はサメとエイの中間のような魚。サメの要素も強いが、鰓の形状・配置からエイに分類されているらしい。クセのない白身で、軟骨魚綱の真骨頂というか、軟骨のサクサクとした食感...

  •  0
  •  0

近所のおばはん (居酒屋:花園町) ジビエ無き日に近づいた不運

どうも、ミシェル・エケム・ド・モンテーニュです。賢者が愚者から学ぶことのほうが、愚者が賢者から学ぶことよりも多い。夕方、西成区花園町。新世界と違って、本当に美味い串カツを出す「ひげ勝」の存在が浮かぶが、当然のように大行列で断念。 ふと、ジビエを値安く出す居酒屋の存在を思い出した。残念ながら狩猟解禁期間は終わっており、ジビエにはありつけないだろうが、何かしら珍しくて美味いモノが喰えるだろうと期待...

  •  0
  •  0

まるき @その95 (居酒屋:恵美須町) アオヤギ

どうも、セバスティアン=ロシュ=ニコラ・シャンフォールです。賢者とは何か。法に対して自然を、慣習に対して理性を、世論に対して自己の良心を、謬見に対して自己の判断を対立させる人間である。 生ビールとともに頼んだのは、なめ茸が乗った冷奴。なめ茸の瓶詰めはポピュラーだし、普通はありがちなメニューに思える。でも、このなめ茸は自家製のピリ辛仕立て。ピリ辛具合はマイルドで、それよりもキノコ特有の旨味が濃い...

  •  4
  •  0