FC2ブログ

category: 居酒屋・海鮮料理  1/114

まるき @その103 (居酒屋:恵美須町) パブロフの犬が得たもの

どうも、シーザー・アントニオ・ツェペリです。俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!この日は、久しぶりに店主のTwitterに条件反射してしまった。気づくと開店時刻に戸を開けて座っていた。 はやる気持ちを抑えつつ、まずは刺身を少しもらう。愛知産の蝦蛄はなかなか立派なサイズ。身の詰まりも良く、しっかりした旨味を持ち、美味い。シマアジも信条の歯応えの心地よさと、脂の甘みが素...

  •  closed
  •  closed

まるき @その102 (居酒屋:恵美須町) 家の如く

どうも、ウィリアム・シェイクスピアです。人を邪道に引っ張り込むため、暗闇の手下共が真実を言うことがある。わずかのまことで引っ張り込んでおいて深刻な結果で裏切るために。 「さつま揚げず」この日も仕込み立てのさつま揚げがあったので、揚げずに生でもらう。揚げると紅生姜も抜群に美味いのだが、生では辛さが立つので、我が儘言ってとうもろこしだけもらう。ふわふわ食感で、すり身の旨味・甘みと、とうもろこしの甘...

  •  closed
  •  closed

地魚と天ぷら うろこ屋 @その6 (居酒屋:東心斎橋) 噴火湾直送の神経抜き

どうも、斉藤道三の父、長井利隆です。つくづく考えてみるに、無能の国主、無能の家老、無能の領主とは乱世にあっては悪人だな。金ケ崎で浅井久政・長政父子の裏切りを知った織田信長。些か大げさだが、そういう気分になった日、自らを癒すためうろこ屋へ。 「怒り心頭に発する」になるかと思いきや、自分でも意外なほど冷静。見切っていたか、諦めたか、ハナから信用していなかったのか。怒りの沸点はともかく、暑さで温度上...

  •  closed
  •  closed