category: 居酒屋・海鮮料理  1/108

地魚と天ぷら うろこ屋 (居酒屋:東心斎橋) うろこ屋復活に立ち会う

どうも、サミュエル・バトラーです。人生とは、次第に退屈していく道程である。 大将・山本陽一郎さんは、心斎橋で営んでいた「うろこ屋」の看板を下ろし、東心斎橋で「㐂鱗」という新しい店を立ち上げた。諸事情あって東心斎橋内で移転し、3月末で㐂鱗を閉め、4月18日から新しい店を立ち上げた。 再び掲げた屋号は「うろこ屋」。心機一転、山本さんの気合が伝わってくる。㐂鱗は1人で切り盛りしていたが、今度は割烹出...

  •  0
  •  0

まるき @その94 (居酒屋:恵美須町) 河豚

どうも、ラ・ロシュフコー公爵フランソワ6世です。卑下はしばしば人を従えるために用いられる、見かけ倒しの服従にすぎない。それは、自分を高めようとして、自分を低くする高慢なからくりである。 トラフグの皮湯引き。ザクザクと噛み応えが心地よく、かといって固くはなく、歯切れ良い。そこに河豚特有の香り漂い、旨味満ちる。美味いなあ。 今宵はちと贅沢に、休日出勤のご褒美としゃれ込むか。てっさ。薄く引かれて...

  •  0
  •  0

大阪産料理 空 船場女将小路店 (居酒屋:本町) 悲しいランチ

どうも、アルベルト・アインシュタインです。全体的破滅を解するという目標は、あらゆるほかの目標に優先しなければならない。 ランチを求めて、久しぶりに船場センタービルを彷徨う。船場女将小路に迷い込み、この店に声を掛けられ、そのまま入店。そういえば、かつて提灯ブロガー軍団はこの小路も、この店も、一時えらく持ち上げ、いつの間にかサラリと忘却の彼方へ。ネットリテラシーの平均値は当然のごとく上がっている。...

  •  0
  •  0