FC2ブログ

category: 居酒屋・海鮮料理  1/111

お食事処 花道 @その3 (居酒屋:日本橋・高津) 嬉しい気遣い

どうも、ヴァシリー・オシボヴィチ・クリュチェフスキーです。モラル無き思想は浅はかであり、思想無きモラルは狂信だ。黒門市場裏(?)の花道へ。ギューギューの満ちくりんだったので、とりあえずのサラダは撮影せず。何気ないマカロニ玉子サラダだけれども、味付けが好みとばっちりで、やたら美味く感じた。 ほぼ同時の満ちくりんだったようで、大将もママもてんてこ舞い。なるべく他の客と合わせた注文しときますか。とい...

  •  0
  •  0

地魚と天ぷら うろこ屋 @その3 (居酒屋:東心斎橋) 手長蛸

どうも、カール・ヒルティです。多すぎる休息は、少なすぎる休息と同じく疲労させる。職場には行きながら、ほぼ休息みたいな生活をしばらく続けていたが、同時納期の仕事が幾つも舞い込んで忙しくなり「均してくれたらなあ」と思っていた夜遅く。疲れたので、うろこ屋へ。 手長蛸の踊り。つまり、活きている。ウネウネと動いている。静かになったと思ってもレモン汁数滴でまた踊る。という動き推しの蛸かと思ってしまいがちだ...

  •  0
  •  0

まるき @その98 (居酒屋:恵美須町) 渡り蟹丼

どうも、ニコラ・ボアロー=デプレオーです。愚者はいつも自分よりさらに愚かで、自分のことを尊敬してくれるような人間を見つけ出す。愚論が輪廻転生する長時間会議ほど無駄な時間はない。最近では珍しく仕事で遅くなり、疲れと憤りを伴ってまるきへ。 大溝貝の刺身。蝦夷地の優秀貝。食感も甘みも旨味も、鳥貝とみる貝を合わせ持っている。みる貝の水管に姿もよく似たのを噛み締めると、実に心地よい甘み。 タモリ。ブ...

  •  2
  •  0