FC2ブログ

category: 鮨  1/149

松寿司 @その95 (鮨:阿倍野) 三厩マグロ

 突き出しは、鰯のツマミ。脂の乗った鰯に仕事を施し、酢漬け生姜や浅葱、茗荷を挟み、パリパリの海苔で巻く。美味いねえ。 鰯を平らげたところで、早速握ってもらう。まずは、小トロ。 明石の紅葉鯛。産卵期を終え、たっぷりと餌を食べた秋の真鯛は、春の桜鯛に比べて肥えて脂が乗る。力強い旨味もあり、実に美味い鯛だ。平目、アマテガレイ、甘鯛などの美味いものに当たると、鯛が霞むと感じることもあるが、美味...

  •  closed
  •  closed

寿し おおはた @その33 (鮨:北新地) 大間名人戦

 おおはた。熟成のちょうど良い頃合に至った大間がある。そう親方から連絡をもらって、行かぬ理由が見当たらない。 突き出しは、津居山ズワイガニの蒸し寿司。蟹身や味噌も無論美味いが、やはり真骨頂というべきは、台の酢飯が美味いからで、全体バランスで絶品になる。私は握りオンリーの特殊客のうちの1人であるが、それでもあと1品はツマミが出る。が、この日はいつもより握りが多めなので、もう握りに入る。 1...

  •  closed
  •  closed

寿し おおはた @その32 (鮨:北新地) 秀才の塩竈、天才の大間

どうも、プーブリウス・オウィディウス・ナーソーです。邪悪なる善は甘い蜜に潜む。 親方に良いマグロが入ったら知らせて欲しいと頼んでおいた。自分が鮨を喰いたくなったから行くのではなく、今回はマグロ様のご都合を最優先しての訪問だ。 突き出しの鱈白子の蒸し寿司を食べて、晩秋に近づきつつあることを実感する。弾けんばかりのプロモーションの白子はキレイな旨味に満ちているが、この一皿が真に美味いのは台の酢...

  •  closed
  •  closed