category: 鮨  1/143

松寿司 @その89 (鮨:阿倍野) 首折れ鰯・新痛風丼

どうも、シェイフ・サアディーです。二つの物は知性の恥なり。語るべきときに黙し、黙すべきときに語るを。 突き出しは、イイダコ。春を感じさせる素晴らしい出だし。今日はツマミを取らず、いきなり握りへ。 真鯛から。淡白ながらも濃く、奥深い旨味。白身の王は本当に美味い。 サヨリの昆布締め。 石鯛。2日寝かしてある。錬れた旨味、脂の具合もちょうど良い。ううむ、絶品。 泉州の鯵。歯応え、旨味...

  •  2
  •  0

立ち寿司 杉尾 西中島店 (立ち食い寿司:西中島) 西中で使い勝手良さそうな立ち食い寿司

どうも、福澤諭吉です。人の性は群居を好み、けっして独歩孤立するを得ず。 祝日前の平日、雨降りで少し寒い。あらた2巡目を狙えるかと仕事を切り上げ、西中島へ向かう。読みの甘さ。スムーズな入店とは程遠い、開店前のようなフルスペック行列。よし、時間を潰そう。 立ち食い寿司があると聞いていたのを思い出し、この店へ。行列こそなかったが、ほぼ満席の盛況ぶり。カウンターに滑り込む。メニューはこんな感じ。...

  •  2
  •  0

はま寿司 都島本通店 @その7 (回転寿司:都島) 赤貝祭り

どうも、シェイフ・サアディーです。徳高き人は、たとえ無頼の徒に辱められるとも、悲しむことなし。性悪き石、黄金の盃を砕くとも、石の価値は増さず、黄金の価値は滅せず。 はま寿司。鮨インターバル。 赤貝が1皿100円。これ狙い。 赤貝っぽい歯触りと香り。2カン100円。「鮨を食べた気になる」インターバル埋めに十二分。 中トロ。100円なら十分すぎる脂の質に、身質。 甘みの欠片も感じられずスカス...

  •  2
  •  0