FC2ブログ

tag: 焼き鳥  1/12

地どり焼 藤田屋 (鶏焼き:今里) 味良し、居心地良しの鶏焼き

どうも、イヴァン・アンドレーヴィチ・クルィロフです。親切な愚か者は、敵より危険だ。地鶏を焼肉のように自分で焼く。「鶏焼き」とも名乗る店があるスタイル。何だか無性に食べたくなり、今里へ。外観を撮り忘れたが、なかなか趣のある裏路地に店はあった。この趣は、さすが今里新地を抱える故のことだろうか。 愛想の良いスタッフに迎えられ、まず突き出しが出てくる。キャベツとキュウリ。よく見かける光景だが、キュウリ...

  •  0
  •  0

鳥やき処 とり鹿 @その6 (焼き鳥:日本橋) 何しろ砂ずり

どうも、アーネスト・ミラー・ヘミングウェイです。人間の価値は、絶望的な敗北に直面していかに振舞うかにかかっている。この店が残念至極で早々に退店。近所の「ひげ勝」を覗くも、行列が伸びているぐらいなので断念し、日本橋へ向かう。 とり鹿。落ち着いた大人の雰囲気で、美味い焼き鳥が喰える。インバウンド専用街と化したこの界隈で、珍しく居心地がいい店だ。インバウンドバスを整理するオッサンが、入口の真ん前で棒...

  •  0
  •  0

トサカ商店 (焼き鳥:朝潮橋) 大阪でハイサワーを求めて

どうも、セーレン・オービエ・キェルケゴールです。自らの挫折の中に信仰を持つ者は、自らの勝利を見出す。 トサカ商店。雨の夜、地下鉄朝潮橋駅から徒歩で数分歩いて到着。人気の有名店というわけではない。朝潮橋に用事があったわけでもない。この店にもわざわざ来たのだ。 ハイサワーを呑める店を探し求めて、この店にたどり着いた。江戸では当たり前の甘くないチューハイ。ところが、関西で提供する店は極めて少なく...

  •  2
  •  0

鳥やき処 とり鹿 @その5 (焼き鳥:日本橋) 砂ずり

消化不良でこの店を出て、呑みなおそうと日本橋へ。 とり鹿。インバウンドの街と化した界隈で、古きよき時代の雰囲気が残り、ちゃんと美味い焼き鳥が喰える貴重な店。 突き出しは、みぞれ和え。 皮と砂ずり。砂肝とメニューに書かないのが、昔からの大阪の店っぽい。レア焼きに逃げず、きっちり焼いてあるのが嬉しい。竹串ではなく、金串を使っており、持つとかなり熱いのも変わらない。 モモ。タレもきっちり...

  •  0
  •  0

鶏三 @その2 (焼き鳥:阪神尼崎)

 久しぶりに鶏三。よく流行っている店だ。 突き出しは、マカロニサラダ。 皮が品切れだったので、三角。 心臓。訳の分からないレア焼きではなく、きちんと焼いてある。 砂肝。 合鴨。これはスカスカでイマイチ。 合鴨つくね。雰囲気も良く、流行るのが分かる。【訪問時期:2016年3月前半】-------------------------------------------------- ↓ブログランキングバナー、よければポチッと...

  •  2
  •  0