FC2ブログ

tag: 居酒屋  1/65

まるき @その101 (居酒屋:恵美須町) すっぽん

どうも、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェです。あなたがたから仮面と外套と塗料と身振りを剥ぎ取ったら、後に残るのはまさしく、あの畑に立って鳥を脅かしている者の姿だろう。この日は、すっぽんを予約しておいた。数日前に頼めば蟹だろうが、河豚だろうが、何でも対応してくれる。 すっぽんの生き血。甘めのワインで割るのはよくあるが、今回は日本酒割り。血を活かしつつ、なかなかふくよかな味わいで、ワイン割りよ...

  •  2
  •  0

瑳こう (居酒屋:本町) 本町屈指の人気を誇る和ランチ

どうも、ブローノ・ブチャラティです。覚悟はいいか?俺はできてる。 本町の居酒屋ランチで、かなり人気のある店があるという。何度か覗いたが、いつも女性を中心とする行列を見て、断念していた。作業が押して、ランチタイムを過ぎてから昼食に出たので、難なく入ることができた。 ランチメニューは魚か、豚か、カレー。この日は焼鮭だったので、魚定食をチョイス。勝手にカウンターのみの渋い店を想像していたが、意外...

  •  0
  •  0

ゑん (居酒屋:本町) 質の高い居酒屋ランチ

どうも、フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキーです。苦しみと悩みは、偉大な自覚と深い心情の持ち主にとって、常に必然的なものである。暑いので地上をウロウロする気になれず、冷房が効いている船場センタービル地下を徘徊。 船場女将小路のゑん。いつもよく流行っていて、通るたびに興味は持っていた。カウンターに空席があったので滑り込む。何店舗か利用しているが、船場女将小路で、「女将感」を感じたことがな...

  •  0
  •  0

まるき @その100 (居酒屋:恵美須町) あん肝・殻付き海胆

初代ビーコンズフィールド伯爵ベンジャミン・ディズレーリです。雄弁家は自分の冗漫な多弁に酔う。まるきへ。行くつもりでは無かった日だが、店主のTwitterに見事に引っかかってしまったw まずは、生ビールと冷奴でクールダウン。冷奴の上に乗るのは、ピリ辛のなめ茸。市販瓶詰ではなく、味付塩梅の素晴らしい自家製。 本日の目的その一、あん肝だ。アンコウは冬のイメージが強いが、夏にも水揚げされ、鍋など需要が少...

  •  2
  •  0

地魚と天ぷら うろこ屋 @その5 (居酒屋:東心斎橋) 近大卒の魚たち

どうも、承陽大師こと道元です。畜類尚恩を報ず、人類争か恩を知らざらん。うろこ屋では、海水魚・淡水魚を問わず、珍しく希少な魚を食べられる機会が多い。 さて、この日盛ってもらった刺身。ブリやらマグロに、見た目はごくごく普通の刺身。オーソドックスなラインナップに思えなくもない。 右の魚は「ブリヒラ」だ。今や志願者数日本一の近畿大学が開発に成功したオリジナル養殖魚で、ブリの雌とヒラマサの雄による交...

  •  0
  •  0