サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新トラックバック

検索フォーム

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

タグ:右京・左京・北区 のエントリー一覧

  • 宝泉院 (茶席:大原) 額縁庭園を眺め、薄茶を楽しむ

    どうも、サッチャー女男爵マーガレット・ヒルダ・サッチャーです。リーダーは好かれなくてもよい。 しかし、尊敬されなくてはならない。 大原は、京都市内とは思えないほど市街地から遠く離れた地。寒かろうが、暑かろうが、そこへこれだけの人が集まるのだから、観光地・京都大原の集客力は単純に凄いと思う。大原三千院、出世稲荷を参拝。奥に進んでいくと、宝泉院という天台宗の寺院があった。  拝観料800円とは...

  • いいちょ (ラーメン:北大路) 北大路の人気店。ちょっとしょっぱさを感じる

    どうも、初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリーです。すべて上手くいっているかどうか知りたければ、自分でやれ。  上賀茂神社を参拝し、北大路へ戻る。次は大原へ向かう前の腹ごしらえ、と人気のラーメン屋へ。いいちょ。北大路界隈で人気・評判ともに高い店だ。 幸い待ちはなく、スッと入店できた。店内を満たす客層は、地元常連とラーメンフリーク半々といったところか。 厨房を見ていると、なかなか...

  • 餃子の王将 西大路五条店 (中国料理:丹波口) 大きくキレイな店

    どうも、カール・ヒルティです。高慢は、常に相当量の愚かさに結びついている。高慢は、常に破滅の一歩手前で現れる。高慢になる人は、もう勝負に負けているのである。 京都市内は、餃子の王将(京都王将)総本山のある街。古くからの店が多く、従って市街地の小さい店が多い。ドーンと駐車場を構える王将を探すと、結構苦労する。そんな中で見つけた、JR丹波口と阪急西院の中間あたりにある店。店舗は広くてとてもキレイ、か...

  • 嵯峨嵐山総本家 大文字屋 (甘味処:嵐山)

    この店を出て、天龍寺を参拝、竹林の小径を散策。   そして、融通念仏の道場として名を馳せた、五台山・清涼寺(浄土宗)へ。 本尊は釈迦如来。 それも、模刻像ではなく、インドから来た「三国伝来の釈迦像」と伝えられる。 実際は中国で作られた模刻像らしいが、三国伝来の伝承が信仰を集めた。   本堂の寄進は、豊臣秀頼。 火災や地震で甚大な被害を受けた伽藍は江戸時代に復興されるが、 その提唱者は五代将軍・徳川...

  • 嵐山よしむら (そば:嵐山) 画竜点睛を欠く

      ささくれ立った心を鎮めるため、保津川を下った日。 ちょうど昼飯時なので、嵐山下船場をぶらつく。   門を潜るのを躊躇するぐらい立派な構えだが、これがそば屋。 門を潜ってからのアプローチもさすが京都と言いたくなる設え。   嵐山よしむら。 気合を入れて、引き戸を開けると残念ながら満席。 残念無念と帰ろうとすると、敷地内の豆腐料理屋にそばを運んでくれるという。   それがここなのだが、そば屋...

≪前のページ≪   1ページ/2ページ   ≫次のページ≫