FC2ブログ

tag: 京橋  1/12

新福菜館 KiKi京橋店 @その4 (ラーメン:京橋) 麺のみ安定

どうも、サー・ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチルです。何も決定しないことを決定し、優柔不断でいることを決意し、成り行き任せにするということでは断固としており、変心しやすいという点では頑固であり、全力を挙げて無能であろうとする。まさに絵に描いたような無能かつ無責任。かくも粗末なるは、人材に非ず、もはや人罪、存在自体が罪である。 定例の大阪城北詰での用を終えてランチタイム。Tsurumenは飽...

  •  2
  •  0

Tsurumen 大阪城北詰店 @その2 (ラーメン:大阪城北詰) 結局はカドヤのデッドコピーか

どうも、フランス第一帝政の皇帝ナポレオン1世ことナポレオン・ボナパルトです。すべて昨日という日は、阿呆どもが死んで土になりにいく道を照らしたものである。 7年ぶりの訪問を果たした翌週。予想通り、またこちらへ来る用事が発生し、用事を終えて再びTsurumen。 冷やしを除けば、ラーメンメニューは地鶏わんたん麺しかない。チャーシュートッピングはないものかと壁メニューも見たが、味玉か、夏野菜、ワンタンがあ...

  •  0
  •  0

Tsurumen 大阪城北詰店 (ラーメン:大阪城北詰) カドヤ食堂を思い起こさせる一杯

どうも、アルトゥル・ショーペンハウアーです。虚栄心は人を饒舌にし、自尊心は沈黙にする。大阪城北詰。用事を済ませてランチタイム。この辺りにラーメン屋があったことを思い出す。 Tsurumen 大阪城北詰店。前回の訪問は、まだ屋号が「らぁ麺 Cliff」だった頃。記録を見ると、7年ぶりの訪問になる。 Cliff時代のメニューがどんなものだったか覚えていないが、絞り込まれたメニュー構成であるし、デフォルトがワンタ...

  •  0
  •  0

新福菜館 KiKi京橋店 @その3 (ラーメン:京橋) 京橋の〆は此処

どうも、レフ・ニコラエヴィチ・トルストイです。愚か者は、悪事によって自分より賢明な人々を欺く。 満洲を出て、締めのラーメンをば。京橋といえば、新福菜館がある。ということで、KiKi京橋へ。 容赦なく真っ黒いスープ。デフォルトでもたっぷりのチャーシューとネギ。いいねえ、いいねえ。 グッと濃いんだけど、後口は意外にさっぱり。うん、呑んでいるからだろう。ただ味濃いだけでなく、出汁感もしっかりして...

  •  2
  •  0

ぎょうざの満洲 JR京橋駅店 @その2 (餃子・中国料理:京橋) ちょい呑みに最高

どうも、ヨーハン・クリストフ・フリードリヒ・フォン・シラーです。多数派の声は、正義の証明ではない。 馬肉を堪能して、もうちょっとだけ呑もうかと。京橋まで戻って満洲へ。ちょい呑みには最適。 メンマとザーサイをハーフで。80円ってのが嬉しい。 サントリーのスーパーチューハイ。キンミヤ焼酎を瓶炭酸で割るお江戸下町チューハイには敵わないが、甘くないチューハイなので結構気に入っている。 皮が厚...

  •  0
  •  0