FC2ブログ

tag: ビリヤニ  1/1

インディアンダイニング ダルシャナ (インド料理:玉川) 品があり、旨味深いマトンビリヤニ

どうも、田山花袋です。絶望と悲哀と寂寞とに堪え得るる勇者たれ、運命に従う者を勇者という。いつ頃だったか、不意にスパイスとバスマティライスに強く惹かれ、最高の立地に誕生したババインディアンレストランの虜となった。そして、想像はしていたが、足繁く通い過ぎたため、急速に飽きてしまい、しばらくスパイスシャワーから遠ざかっていた。 そんな中、ルパン先生の記事を見て、冬眠状態にあったはずの私のスパイス熱が...

  •  closed
  •  closed

シンズ・キッチン @その3 (インド料理:日本橋) 最終回か

どうも、ジョン・ヘイウッドです。愚かな鳥は、その巣を汚す。 シンズ・キッチン。もっと通いやすかったミニが閉店したので、こちらへ。ミニ跡にインドカレー屋らしきのが出来たみたいだが、無関係なのか? いつものように、土曜日限定のチキンビリヤニ。日曜日はマトンビリヤニらしい。量が多くて、味は単調。飽きているはずだが、どうにも離れられない。 サラサラパサパサで、独特の風味のバスマティライス。味云...

  •  closed
  •  closed

アリーズ キッチン (パキスタン料理:心斎橋) 美味なるビリヤニ

どうも、ヴォーヴナルグ侯爵リュック・ド・クラピエです。高慢は弱者の慰めの手段である。 心斎橋のアリーズ キッチン。バスマティライスをまた食べたくなったのだが、たまにはシンズ・キッチンと違うところで。 ここはパキスタン料理らしい。ビリヤニは定番メニューとして置いてあり、ソフトドリンクも付いて1,000円だから、ドリンク無しで1,100円のシンズ・キッチンよりも安い。 シェフはパキスタン人らしいが、...

  •  closed
  •  closed

シンズ・キッチン @その2 (インド料理:日本橋) 

どうも、エーリヒ・ゼーリヒマン・フロムです。くだらない会話を避けることに劣らず重要なのが、悪い仲間を避けるということである。 不意に、バスマティライスが喰いたくなった。パサパラ食感の長粒香り米を身体が欲している。マッサージ帰りに立ち寄れる。行きやすさ抜群のシンズ・キッチンへ。11:00オープンで少し前に着いたが、全然開いていて、先客はもう食べている。 カレーでもいいのだが、恵美須町の「シンズ・...

  •  closed
  •  closed

シンズ・キッチン (インド料理:日本橋) ようやくビリヤニを初体験

どうも、ブレーズ・パスカルです。人類のあらゆる問題の根幹は、部屋でただ一人、黙して座す人間の無能さにある。 日本橋で野暮用が終わって、ちょうど11時。近くにシンズ・キッチンという店があることを思い出す。最近、スパイスカレーの世界を覗き始めた。インドカレーも面白かろうと扉を開ける。 何をしようかと考えていると、フレンドリーなインド人スタッフが「今日はビリヤニあるよ」と言う。インド版炊き込みご飯...

  •  closed
  •  closed