tag: 浪速・西成・大正  1/18

らーめん工房 麺作 (ラーメン:岸里) 落ち着いた雰囲気で、品良い塩ラーメンを食す

どうも、 ニッコロ・マキャヴェッリです。高慢な相手には、屈従すれば勝てると考えるのは誤りである。 岸里の「らーめん工房 麺作」。鮨屋かカウンター和食かという外観で、店の中も同様の造り。新しくて清潔感漂うというだけでなく、落ち着いた雰囲気の造りで、1席1席にかなりゆとりを持たせている。最近そういうラーメン屋が増えた気がする。  店の造りから、勝手に麺メニューは絞り込まれた2種のみ、などをイメ...

  •  0
  •  0

無鉄砲 大阪店 @その21 (ラーメン:大国町) 「無鉄砲らしさの喪失=またおま系への転落」を感じた

どうも、ブレーズ・パスカルです。欠陥に満ちていることは、ひとつの悪であるが、欠陥に満ちていながら、それを認めようとしないのは、より大きな悪である。 祝日。無鉄砲は無理だろうと大国町の天下一品を目指すが、開店5分前に通りがかると何とか1巡目に入れそうな並び。急遽、愛馬をつないで並ぶ。 いつものように、辛子高菜を少し摘んで待つ。前回は、ブレだったのか豚の旨味・コク味がどうにも弱く、消化不良な感覚...

  •  2
  •  0

沖縄物産・沖縄家庭料理 いちゃりば (沖縄料理:大正) ソーキそば&スパムおにぎり

どうも、藤堂和泉守高虎です。武士たる者、七度主君を変えねば武士とは言えぬ。大正で野暮用、そしてランチ。京橋から移転した「花京」に行ってみたかったが、開店時間までしばらくある。 環状線のガード下、いちゃりばを思い出した。4年ぶりの訪問だが、窓を向くカウンター席など変わっていない。もっともランチ利用は初めてだが。 そうめんチャンプルー定食に興味は惹かれるが、二日酔い気味なので汁物を食べたい。...

  •  0
  •  0

かしや @その2 (ラーメン:玉出) 和風とんこつ ~主張が強すぎる魚介出汁

どうも、フランシス・ベーコンです。ある者の愚行は、他の者の財産である。 およそ6年ぶりの訪問となる。6年前は夜に訪問し、待ちもなく、すぐに入れ、店内は地元客がまったりしている雰囲気だった。時が経つにつれ、人気はうなぎ上りといった具合で、開店にだいぶ余裕のある時刻に到着したが、すでに先客2人。11:30の開店時は外待ちは6人。 腹が減っていたので、唐揚げセット(950円)を注文。ラーメンは基本の和風とんこつをチ...

  •  2
  •  0

無鉄砲 大阪店 @その20 (ラーメン:大国町) 珍しいブレ幅

どうも、カール・ルートヴィヒ・ベルネです。あらゆる愚鈍を汲みつくし、はじめて底にある英知に到達する。 ムテ補給。こってりに打ちのめされ、引退を考えても、何だかんだ帰ってきて補給したくなる。 辛子高菜をかじってラーメンを待つ。いつもストレスを感じさせないオペレーションだが、この日は何だかやたら遅い。そういや開店から着席までもだいぶ待たされたな・・・。 Wスープで、豚骨7:3正油(魚介・野菜...

  •  0
  •  0