サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


.

リンク

戯言

毎度毎度のあるある詐欺。
ただし、劣化する一方。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

タグ:福島 のエントリー一覧

  • ピッツェリア モリタ (イタリアン:谷町六丁目) 谷町の美味しいピッツェリア

    どうも、 レフ・ニコラエヴィチ・トルストイです。他者を貶め、君を持ち上げる者の言うことなど、決して聞いてはならない。 福島から谷町六丁目に移転した、ピッツェリア モリタ。ピッツェリア経験は極めて乏しく、入店するにハードルの高い業態であるが、福島時代からこの店に通っていた友人様のお誘いいただき訪問した。知識・経験甚だ未熟を承知で、ただただ感じたままに書き連ねたい。 店主の森田氏は和食の修業を...

  • もつ鍋 チャンピオン (もつ鍋:福島) 牛蒡の存在

    どうも、ウラジーミル・イリイチ・レーニンです。人生と政治における教育は、嘘と欺瞞である。 もつ鍋 チャンピオン。焼馬(?)の人気店、けとばし屋チャンピオンの姉妹店。こちらが姉だったか。けとばし屋のすぐ近くに店があり、こちらも人気ぶりでは負けていない。入り口付近に、鍋の薬味と辛子高菜が置いてある。結構、みんな頻繁にお替りで取りに行っている。 突き出し。けとばし屋と同じく、少し酸味を効かせてい...

  • ラーメン人生JET @その3 (ラーメン:福島) 安定した美味さ

    どうも、 カール・ハインリヒ・マルクスです。意識改革を説いてオチをつける論文は、みな眉唾だ。この店を出て、タケさん行きつけのBarで少し呑み直し、締めを求めてJR福島駅近辺へ。 ラーメン人生JET。言わずと知れた人気店で、久しぶりにダメ元で覗いてみると、2人待ちだけだったので並んでみることに。 さほど待たずに、スルッと入店。数量限定の醤油、塩はすでに売り切れとのこと。 ということで、鶏煮込みチャ...

  • 寿司割烹 もり @その2 (鮨:野田阪神) お手軽価格の良店。だが・・・

    - コメント(2) - トラックバック(0) - 2015/03/31

    どうも、チェ・ゲバラことエルンスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナです。ベトナム人の孤立について語る時、我々は人間としてこの不条理な時代の苦悩に襲われる。 寿司割烹 もり。呑んで食べて1万円にまだ余裕がある。それでいて、ちゃんとした鮨。この答えを求めて、タケさんと久しぶりにこの店へ。 生ゲソから。ゲソとイカ耳を生姜醤油で喰う、やはり美味い。カウンター8席だかの小さな店だが、切り盛りは親方...

  • かく庄 (お好み焼き:福島) SMAP効果は未だ続いていた

    どうも、素王こと儒家の始祖・孔子です。君子に三戒あり。戒めるどころか、それに向かって猪突猛進する様は、甚だ醜悪なり。 この店を出るも、どうにも消化不良。もう少しだけ呑もうかと、JR福島駅の高架下へ。 かく庄。昭和風情のお好み焼き屋。入ると、結構だだっ広い箱で、サラリーマンが気ままに酔っている。なんちゃないお好み焼き屋のはずだが、店内奥のテーブル席は予約済み。そして、その席へ座りたがる女性客が...

≪前のページ≪   1ページ/11ページ   ≫次のページ≫