サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


最新トラックバック

検索フォーム

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

タグ:梅田・中津 のエントリー一覧

  • 寿し おおはた @その21 (鮨:北新地) 真鯛・蛤

    - コメント(2) - トラックバック(0) - 2017/02/07

     寿し おおはた。粗製乱造される江戸前デッドコピーではなく、江戸前をリスペクトしつつ、関西の良さと上手く融合を図る親方が営む店。 鱈白子の蒸し寿司。キレイな味の白子は、酢飯と合わせるとまた違った美味さを見せる。 ブリ。半生具合がまたいい。 ぬたは、やはり赤貝が最上。他のお客さんはツマミをまだ楽しむが、私はもう握ってもらう。 平目。米を粒の大きなコシヒカリに変えて、塩梅も再調整を...

  • 寿し おおはた @その20 (鮨:北新地) 完成度

    - コメント(4) - トラックバック(0) - 2016/10/31

    どうも、チェ・ゲバラことエルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナです。世界のどこかで誰かが被っている不正を、心の底から深く悲しむ事ができる人間になりなさい。それこそが革命家としての、一番美しい資質なのだから。 突き出しは、もずくとオクラ、そして真つぶ貝。夏らしくさっぱり。真つぶの香り、甘みが加わり、もずく酢に華が加わる。 蒸し鮑。 黒鮑も美味い。 が、その名のとおり香りに女性...

  • 寿し おおはた @その19 (鮨:北新地) 流線形の美と言おうか

    - コメント(2) - トラックバック(0) - 2016/07/29

     おおはた。 突き出しは、ホタルイカと空豆。むっちりボディのホタルイカは、身の旨味や甘みの満足感も高いが、ワタの爽やかなコク味が絶品。 鰹。ヅケにして、浅葱を振り、胡麻油を掛けて生レバー風に。 ホッキ貝。軽く焼いて、唐辛子で少しピリッと。 モズクに赤貝のヒモ、贅沢だ。 甘鯛は1日寝かし。これぐらいが美味いなあ。1ヶ月も寝かされちゃあ、興も醒める。 ヅケ。 カスゴ。真鯛...

  • 寿し おおはた @その18 (鮨:北新地) 安定の満足感

    - コメント(0) - トラックバック(0) - 2016/06/06

    なるほど、とくに上品じゃなきゃいけないということはないけれど、品は大切、品が無いのはどうしようもない、取り繕っても透けて見える。 仙鳳趾牡蠣の酒蒸し。牡蠣自体も美味いが、この餡が美味い。おおはたは日曜日も営業。北新地では鮨屋はもちろん、居酒屋だって日曜営業は珍しい。静かな新地をゆ~っくり歩いて鮨屋に向かう、ってのもいいもんだ。 氷魚を黄身醤油で。海苔がばっちり合っていて、また黄身醤油の塩梅...

  • 寿し おおはた @その17 (鮨:北新地) 第三幕第四場

    - コメント(2) - トラックバック(0) - 2016/04/22

    久しぶりのおおはた。 ちょうどこの頃、とあるテレビで取り上げられた。親方の独自路線がまた新たな境地に達している様子を見て、 もうたまらなくなって予約した。 突き出しは、鳥取ズワイガニの蒸し寿司。蟹肉が美味いのもあるが、台の酢飯が美味い。「おお、来た来た」この後の口福の予感がここであった。 宮城のマコガレイ。活かった身には、サラッとした切れの良い旨味がしっかり乗り、ほのかな脂を蓄えて...

≪前のページ≪   1ページ/44ページ   ≫次のページ≫