サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新トラックバック

検索フォーム

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

タグ:天王寺 のエントリー一覧

  • 支那そばや あべのキューズモール店 @その2 (ラーメン:阿倍野) 塩

     キューズモールの支那そばやに再び。 今度は塩ラーメン。大箱店であまり待たされずに出てくるというところも考えると、ある程度完成されたチェーンストアオペレーションなんだろうな。 いずれにしても、品のある、いい感じのスープだ。油脂による無理やりなこってり感や、味の濃さでインパクトを求めるのではなく、出汁素材をきちんと感じさせつつ、くどくない。 緩くはないが、しょっぱくもない塩加減も良い...

  • ラー麺 ZON (ラーメン:四天王寺前夕陽丘) 海老強い醤油ラー麺

    どうも、クィントゥス・ホラティウス・フラックスです。現在を享楽せよ。明日のことはあまり信ずることなかれ。 夕陽丘のZON。かつて金久右衛門のFC店舗があり、牛骨ラーメンがあった場所。 醤油ラー麺。なかなか美味そうなルックス。白ネギというだけで、少し加点する自分がいる。 鶏・豚骨ベースだろうか。タレ味も強く、醤油香る。そして、海老の存在。香味を添える、を超えて海老風味の侵攻が激烈だ。 全...

  • 支那そばや あべのキューズモール店 (ラーメン:阿倍野) スープが主役

     有名な支那そばや。行こう行こうと思って、なかなか来れなかった店。 ラーメンの鬼として、メディアで一時引っ張りだこだった、故・佐野実氏。腕を組んで客を睨みつけるという、ラーメン屋に未だ流通し続けている馬鹿の極みポーズ流行の張本人だと思うので、そこは嫌いなのだが、ラーメンに熱い姿勢で終生取り組み続けた人だろうと密かにリスペクトしていた。 塩とんこつをえらい推していたが、ここはデフォルトの...

  • 焼肉 味道 (焼肉:天王寺)

    どうも、プロレスの神様ことカール・ゴッチです。物の値段を知っても、その価値を知ったことにはならない。懐かしき恩人と偶然出会い、天王寺で少し呑むことに。天王寺駅周辺であまり呑んだ経験がないため、まったく知らなかったが、阪和商店街裏?、ここにはヨサゲな感じの店が密集している。 キムチは、様々な食材の旨味が絡み合った多層構成というよりも、極端にシンプルな味で、塩気がかなり強い。 色々話すことがあ...

  • 牛骨らーめん 闘牛志 (ラーメン:四天王寺) 牛骨出汁の難しさ

    どうも、夜叉掃部こと大政参与の井伊掃部頭直孝です。義に背けば勝っても勝ちではなく、義を貫けば負けても負けではない。 牛骨らーめん 闘牛志。移転した金久右衛門 四天王寺店の跡地は、牛骨スープのラーメン屋になっていた。 ラーメンメニューは、牛骨醤油か、牛骨白湯塩の2種。カスタマイズは、かなり柔軟に対応するようだ。 神戸牛・佐賀牛・黒毛和牛の牛骨のみを使用。神戸牛も佐賀牛も、黒毛和種だけど、...

≪前のページ≪   1ページ/9ページ   ≫次のページ≫