サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


管理人にメールを送る

お名前:
メールアドレス(任意):
件名:
本文:

過去記事検索フォーム

戯言

清々しいまでの、しゃくれ

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

タグ:九州 のエントリー一覧

  • 元祖博多だるま 博多デイトス店 (ラーメン:博多駅)

    どうも、ラルフ・ウォルドー・エマーソンです。軽薄な人間は運勢を信じ、強者は因果関係を信じる。天国のレストランでの昼食後、湯布院の街をぶらぶら。久しぶりに来たが、随分と北京語や広東語が飛び交う観光地になったもの。 博多駅まで戻り、新幹線の出発を待つ少しの時間。ふと、あることに気付いた。九州に来て、食べたラーメンはカップラーメンだけやないか!幸い、昼飯が超絶すぎてあまり手をつけなかったので、胃袋に...

  • お食事処 かさの家 (和菓子:大宰府) 梅ヶ枝餅

    どうも、少弐氏の祖、武藤大宰少弐資頼です。奇跡のレストランと出会えた九州の旅。その初日は、強い雨の中、太宰府天満宮へ参拝した。この旅で、心より楽しみにしていた唯一の訪問場所でもある。 第59代・宇多天皇は摂政・関白を置かず、天皇親政を目指し、学者の菅原道真を重用した。関白・藤原基経が死に、後継者が幼い隙をつき、藤原摂関政治からの脱却を目指したのだ。譲位した宇多上皇は、子・醍醐天皇に訓戒を残す。藤...

  • 宴会料理2014 ~別府温泉旅館にて

    どうも、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェです。傷を負わせることができないもの、葬ることができないものが、私の中にある。岩をも砕くものがある。それは私の意志だ。職場の旅行。宿泊地は、別府温泉、2月のお話。当然、翌日の観光には子供だましの地獄めぐりが強制的につく。21世紀にも通用するんだねえ、こんなもの・・・。 いかにもな、温泉地の宴会料理。昨年の奥飛騨もそうだったが、平成の御代にも大型温泉旅館...

  • 天国のレストラン ~湯布院での昼食にて

    どうも、カール・グスタフ・ユングです。意義のあるささいなことは、意義のない偉大なことよりも、人生にとってずっと大切だ。職場の旅行で別府へ。2日目の昼食は湯布院で、というコースだった。そこで出会った天国のレストラン。無名店のためポリシーに反するから・・・教えたくない素晴らしい店なので、あえて店名は隠しておく。どうせ来年には潰れているだろうから・・・ Theおおいた豊後牛や豊後赤鶏の絶品炭火焼が食べら...

  • 九州らーめん亀王 西中島店 (ラーメン:西中島) 特ねぎらーめん

    どうも、モリアーティ教授の右腕、セバスチャン・モラン大佐です。   九州らーめん亀王。 チェーン店の中では、塩とんこつなるジャンルの「昔味」が結構好き。 というか、「昔味」しかほぼ頼んだことがない。   なのに、このPOPと目が合ってしまった。 外す予感はしていたのに、浮気はいけないと分かっているのに・・・。 「特選亀王葱って何やねん?」と軽く突っ込んでいたくせに・・・。   特ねぎらーめん(780円...

≪前のページ≪   1ページ/3ページ   ≫次のページ≫