サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新トラックバック

検索フォーム

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

タグ:京橋・都島 のエントリー一覧

  • はま寿司 都島本通店 @その2 (回転寿司:都島) 赤貝

    - コメント(0) - トラックバック(0) - 2017/01/10

    鮨インターバルでの回転寿司補給。 はま寿司。混んでいることは混んでいるが、関西での知名度は低いのか、くら寿司やスシローほど混まないので助かる。 フェアダネの赤貝。100均赤貝にありがちな青臭さをさほど感じない。その代償で磯の風味はかなり乏しく、何しろ身がえらく薄い。 それでも、100円ならアリなので2皿目。 赤にし貝。鮑とサザエを足して割ってチョコチョコした味わい。強くはないが、たしかに...

  • はま寿司 都島本通店 (回転寿司:都島) 100均最強?

    - コメント(2) - トラックバック(0) - 2016/10/07

    どうも、法家の韓非です。礼繁き者は実心衰うる也。 鮨インターバルの100均回転寿司。くら寿司はフェアもなくイマイチ感があったので、たまたま見かけたはま寿司へ。あきんどスシロー、かっぱクリエイト離脱後は、ゼンショー傘下唯一の回転寿司ブランド。関東ではその名をよく見かけたが、大阪では唯一の店舗。  まずは、大トロを2皿。養殖と思われる特有の甘ったるい脂のしんどさはあるが、100円と考えれば、なか...

  • 新福菜館 KiKi京橋店 (ラーメン:京橋) 近くの新福

    どうも、レフ・ニコラエヴィチ・トルストイです。最もありふれた、一般的な嘘の原理は人々ではなく、自らを欺く行為である。 京橋で野暮用を終えた後、軽くメシでも喰うかと。京橋駅の寂しい方面へ出ると、新福菜館がある。大好きだった三条店がビル老朽化で閉店し、京都を離れたため、かなり久しぶりの新福。 中華そばと焼き飯小の定番セット。焼き飯がラーメンより少し先に出るのも、三条店と同じ流れ。焼き飯担当はベ...

  • 鮓 きずな @その36 (鮨:京橋) 冷却

    - コメント(4) - トラックバック(0) - 2016/07/05

     いつものように、突き出しの始めは、押し寿司から。 そして、蝦夷鮑の蒸し鮑と続く。変わらない、安心できる流れのはずだ。 ツマミは、平目の刺身から。店舗改装後、切付が小さくなってきたことは当然意識していた。だが、値段を上げず、品数維持のための1つの方法だと理解してきた。されど、やはり小さすぎると、淡白な中にも強い旨味を秘めた、白身の醍醐味を味わいきることはできまい。 鰆。一切れと二切...

  • 鮓 きずな @その35 (鮨:京橋) 藁と鰆

    - コメント(2) - トラックバック(0) - 2016/04/13

     いつも通り、押し寿司から始まる。鯖はあっさりした脂で、酢飯に忍ばせた胡麻が良いアクセント。 この時期、出たての蝦夷鮑。ムッチリとして、良い食感、出汁も美味い。 明石の真鯛。 香りの桜鯛に比べ、秋は脂推し。この腹身はかなりの脂だが、これもまた美味い。 平目。脂を蓄えてきて、冬の白身王者らしい貫禄が備わってきた。 エンガワ。筋肉質の身を噛み砕くと、恍惚の甘味の脂がジュワっと。...

≪前のページ≪   1ページ/13ページ   ≫次のページ≫