サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


.

リンク

戯言

つまんないなあ。
勝手な話やけど。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

タグ:京橋・都島 のエントリー一覧

  • とんぴととりの光龍益 @その3 (ラーメン:桜ノ宮) デフォが美味い

    どうも、第16代ローマ皇帝のマルクス・アウレリウス・アントニヌスです。善事をして悪しざまに言われる者は幸いなり。 また”極上天一”が食べたくなって桜ノ宮へ。前回と同じく11:15に着いてしまったが、暖簾が出ていたので問題なく入店。湯が沸騰するまでほんの少し待って注文する。 前回は石窯チャーシューが入った特製ラーメン(1,000円)だったが、今回は基本のラーメン(800円)を注文。こちらは厚切りの塩煮豚が2...

  • とんぴととりの光龍益 @その2 (ラーメン:桜ノ宮) 濃厚かつ淡麗 ~美味い一杯

    どうも、ヴォーヴナルグ侯爵リュック・ド・クラピエです。愚者ほど自分が才人をだますのに適していると思い込む。 JR桜ノ宮駅を降り、裏路地を抜けて光龍益へ。およそ7年ぶりの訪問となる。11:30の営業開始で、11:15過ぎに着いたのだが、暖簾は上がっていて、覗いて聞くと「どうぞ」。準備が出来ていれば、11:30前でも入店可のようである。 注文は特製ラーメン(1,000円)。7年前から200円値上がりしている。昨今のラ...

  • はま寿司 都島本通店 @その5 (回転寿司:都島) また赤貝

    - コメント(0) - トラックバック(0) - 2017/12/17

    どうも、ジョン・ヘイウッドです。愚かな鳥は、その巣を汚す。 はま寿司へ。いつものように、鮨インターバル埋め、貝ダネ狙い。  赤貝×2。100円にしては、歯触りが良く、香りも上々。 石垣貝。クセがやたらに強く、ひたすらに固いだけ。最近あまり見かけなくなったが、冷凍の鳥貝には、ゴムと揶揄される固いものがあったが、よく似ている。 ほっき貝。甘みが極めて乏しく、その割りにクセが強い。 &...

  • 新福菜館 KiKi京橋店 @その2 (ラーメン:京橋)

    どうも、ヴィクトル=マリー・ユーゴーです。荒々しく毒づいた言葉は、その根拠が弱いことを示唆する。 満洲を出た後は、締めのラーメンを求め、KiKi京橋へ。このビルには新福菜館があり、かつての三条店と同じ水準のラーメンが食べられる。三条店は、行列が出来てクオリティを落とした本店よりも、ずっと美味い店だったが、ビルの老朽化・取り壊しに合わせて店を閉じた。 たっぷりのチャーシューとネギに、真っ黒いスー...

  • ぎょうざの満洲 JR京橋駅店 (餃子・中国料理:京橋) 店がキレイで広く、お安く呑める

    どうも、鉄血宰相ことオットー・長いので途中省略・フォン・ビスマルクです。賢者は歴史に学び、愚か者は経験に学ぶ。 この店を早々に切り上げ、立ち呑みストリートへ。同志が餃子屋があると言う。外観はファストフードか、ファミレスの様子。 ぎょうざの満洲。埼玉本拠の餃子チェーンだが、訪問は初めて。店内も広くて、ファミレスのような雰囲気。餃子の王将も郊外新店は、こんな感じだったか。メニューをパパッと見て...

≪前のページ≪   1ページ/15ページ   ≫次のページ≫