FC2ブログ

tag: 京橋・都島  1/17

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

とんぴととりの光龍益 @その7 (ラーメン:桜ノ宮) わざわざの価値 

どうも、樋口一葉です。身をすてつるなれば、世の中の事、何かはおそろしからん。 桜ノ宮の光龍益。日曜はもちろん、土曜日すら営業しない。ハードルは高いが、越える確かな価値がある。ラーメンの激戦地で、人気店の多い天満から大阪環状線に乗る。駅間距離が短く低速で走る電車に、早く走れと叱咤激励したくなる。 駅からしばし歩いて、完全な裏路地に入る。11:30が一応の開店時刻だが、少し早く暖簾が上がる。サーブ...

  •  closed
  •  closed

新福菜館 KiKi京橋店 @その4 (ラーメン:京橋) 麺のみ安定

どうも、サー・ウィンストン・レナード・スペンサー=チャーチルです。何も決定しないことを決定し、優柔不断でいることを決意し、成り行き任せにするということでは断固としており、変心しやすいという点では頑固であり、全力を挙げて無能であろうとする。まさに絵に描いたような無能かつ無責任。かくも粗末なるは、人材に非ず、もはや人罪、存在自体が罪である。 定例の大阪城北詰での用を終えてランチタイム。Tsurumenは飽...

  •  closed
  •  closed

Tsurumen 大阪城北詰店 @その2 (ラーメン:大阪城北詰) 結局はカドヤのデッドコピーか

どうも、フランス第一帝政の皇帝ナポレオン1世ことナポレオン・ボナパルトです。すべて昨日という日は、阿呆どもが死んで土になりにいく道を照らしたものである。 7年ぶりの訪問を果たした翌週。予想通り、またこちらへ来る用事が発生し、用事を終えて再びTsurumen。 冷やしを除けば、ラーメンメニューは地鶏わんたん麺しかない。チャーシュートッピングはないものかと壁メニューも見たが、味玉か、夏野菜、ワンタンがあ...

  •  closed
  •  closed

Tsurumen 大阪城北詰店 (ラーメン:大阪城北詰) カドヤ食堂を思い起こさせる一杯

どうも、アルトゥル・ショーペンハウアーです。虚栄心は人を饒舌にし、自尊心は沈黙にする。大阪城北詰。用事を済ませてランチタイム。この辺りにラーメン屋があったことを思い出す。 Tsurumen 大阪城北詰店。前回の訪問は、まだ屋号が「らぁ麺 Cliff」だった頃。記録を見ると、7年ぶりの訪問になる。 Cliff時代のメニューがどんなものだったか覚えていないが、絞り込まれたメニュー構成であるし、デフォルトがワンタ...

  •  closed
  •  closed

とんぴととりの光龍益 @その6 (ラーメン:桜ノ宮) 安定の美味さ

どうも、幸田露伴です。人の常道、敗れたる者は天の命を称して嘆じ、成れる者は己の力を説きて誇る。卑しいとすべし。 久しぶりの平日休み。出かけついでに、平日のみ営業の光龍益に行きたくなった。11:10過ぎに着いたが、暖簾はもう出ている。11:30を待たずとも、茹で釜の湯さえ沸けば提供が開始される。 大将1人で切り盛りしているが、ストレスをまったく感じさせない、スピーディなサーブで供される。デフォのラー...

  •  closed
  •  closed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。