サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

戯言

来年は凄いことが起こる詐欺w

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

タグ:その他兵庫県 のエントリー一覧

  • 大貫本店 @その4 (ラーメン:尼崎) 久しぶり

     この店を出て、同じく久しぶりの大貫本店。 中華そばと焼き飯のミニセット。ミニといっても、焼き飯は結構な量がある。 少し酸味のあるスープに、デフォルトでもボリュームあるチャーシュー。大きくてたっぷりの木耳が印象的。木耳のシャクシャクとした歯触りが気持ちいい。チャーシューもなかなか美味い。 よく宣伝している自家製たまごめんは、さほど美味いと思わないが、シコシコと弾力が強い。スープの酸...

  • 名代 駒寿司 @その9 (寿司:尼崎) 久しぶり

    - コメント(2) - トラックバック(0) - 2017/02/03

    久しぶりに尼崎。思い出して覗いたら空いていたので、駒寿司へ飛び込む。 牡蠣酢。若々しく愛想の良い大将は変わらず。街場大衆寿司としての雰囲気も、居心地の良さも変わらず。 つぶ貝。コリコリッとした身はフレッシュな甘みに満ち、爽やかな磯の香り。肝もクセなく、美味い。 握ってもらおう。ブリ。 貝柱。関西伝統の柔らかく甘めの酢飯。 鱈白子醤油焼き。昆布を敷いて焼いてある。品良く、キレイな...

  • 夢乃そば (蕎麦:姫路夢前町) 残念ながら悪夢に近い

    書寫山圓教寺へ参拝。鎌倉幕府倒幕を志されるも、北条方に察知され、隠岐に流罪となった後醍醐天皇。後醐醍帝が名和長年らの尽力で隠岐から脱して伯耆で挙兵、京へお戻りになる、その途上で立ち寄られたのが書写山。後醍醐帝の宿敵だった征夷大将軍・足利尊氏が、観応の擾乱で実弟・足利直義方に敗れ、落ち延びた先もまた書写山だった。 参拝後、昼食を求めてしばしドライブ。目に入ったは夢乃そば。姫路駅近くから移転してき...

  • 鶏三 @その2 (焼き鳥:阪神尼崎)

     久しぶりに鶏三。よく流行っている店だ。 突き出しは、マカロニサラダ。 皮が品切れだったので、三角。 心臓。訳の分からないレア焼きではなく、きちんと焼いてある。 砂肝。 合鴨。これはスカスカでイマイチ。 合鴨つくね。雰囲気も良く、流行るのが分かる。【訪問時期:2016年3月前半】-------------------------------------------------- ↓ブログランキングバナー、よければポチッと...

  • くまちゃん @その2 (居酒屋:出屋敷) 

     くまちゃん 。昼から通しでやっている。 ポテサラ。オカンの圧は強いが、所々は優しい。 金目鯛の煮付け。あっさりタイプ。こういう居酒屋に金目鯛が置いてある。意外っちゃあ意外。 刺身は、トロと鯵。 1組1人前限定のトロ。すっごい脂。 キュウリ。 出汁巻。よく流行っている店。【訪問時期:2016年3月前半】-------------------------------------------------- ↓ブログランキングバ...

≪前のページ≪   1ページ/7ページ   ≫次のページ≫