FC2ブログ

3104丁目 (ラーメン:高槻市駅) これもまた「またおま系」と言えよう方向性の難しさ

どうも、ブローノ・ブチャラティです。
覚悟はいいか?俺はできてる。

ip1812-IMG_5917.jpg 
高槻にて野暮用。

「らぁ麺屋はりねずみ」という店に目星をつけていたが、
店主の急な体調不良で臨時休業。
SNSの直前チェックしておくべきだった・・・。

すぐに近場で探して見つけたのが、この「3104丁目」。

店名の意味は分からないが、オサレ感ある外観だこと。

ip1812-IMG_5920.jpg 
店内も、ビストロやバルと思えなくもない雰囲気があり、
タイル張りの腰壁も、水のポットも普通のラーメン屋とは少し違う。

店主が実はフレンチかイタリアンの出身で、
その世界で得たスープ、ソースの技を活かしたラーメンを供する。

そんな期待が沸いてくるではないか。

ip1812-IMG_5918.jpg 
ip1812-IMG_5919.jpg 
メニューはこんな感じ。

「魚介」のラーメンか、つけ麺で、醤油や塩かを選ぶ。

最初で最後だと思うので、特製ラーメンの醤油で、
ねぎ塩丼のランチセットも注文する。

ip1812-IMG_5922.jpg 
ラーメンは今っぽいと言えば今っぽく、
普通と言えば普通で、少々野暮ったくも感じる。

外観や内観で高まった期待に反して、盛り付けが些か雑で、
あまり美意識を感じることができない。

まあ、味が良ければ大きな問題ではないので、食べてみるか。

ip1812-IMG_5925.jpg 
フレンチか、イタリアンのエッセンスが入るのかと思ったのは、
完全な早合点であって、純然たるラーメン。

あっさり方向の動物ベースに、節の効いた魚介出汁。
飲み口は優しく軽く、軽い酸味で仕上げてくる。

一時期、濃厚に寄った豚骨魚介Wスープが「またおま系」とよく表現されたが、
これもまた「またおま系」だよなあ・・・。

悪くはないが、どっかで食べたことある味だな、
それすらも過ぎて、そこらでよくある味だなあとしか感じられず、
残念ながら心に響く要素がない。

ip1812-IMG_5929.jpg 
プリッとした麺は、麺屋棣鄂のモノらしいが、
どうにもスープの印象が薄いので「ふ~ん」という感想に留まってしまう。

それに、このスープとこの麺の相性が良いとも思えない。

ip1812-IMG_5926.jpg 
脂っこくない豚バラチャーシューも、
しっとりした鶏チャーシューも良く出来ている。

だが、これも最近はしばしば出会う仕上がり。

全体として優等生的なラーメンだとは思うが、それ以上の感想を持ち得ない。

ラーメンはたしかに進化したのだろうが、全体として水準が上がったからこそ、
印象に残る一杯というハードルはさらに高くなっているのだろうか。

まあ、昨今の複雑系に少々飽きてしまい、
昔ながら続いているシンプルな一杯の方に吸い寄せられている、
という好みの変化が大きいのかもしれないが・・・。

ip1812-IMG_5921.jpg 
なお、鶏のチャーシューねぎ塩丼は、
塩ダレの塩梅が良く、なかなか良いが、
プラス150円にしてはご飯の量の少なさが気になった。

【訪問時期:2018年12月前半】

 -------------------------------------------------- 
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 


食べ歩きランキング

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  




関連ランキング:ラーメン | 高槻市駅高槻駅



スポンサーサイト

尾道ラーメン十六番 本店 @その15 (ラーメン:西長堀) 垣間見える「なんちゃなさ」の魅力

どうも、ニッコロ・マキャヴェッリです。
人間は、運命に乗ることはできても逆らうことはできない。

ip1810-IMG_5297.jpg 
久しぶりに十六番。

開店時刻から2~3分後の到着で、先着は1人。
じわりじわりと客が増え、しばらくするとほぼ満席に。

ip1810-IMG_5298.jpg 
客層は、やたら店主と話したがるラヲタ、といった層ではなく、
いかにもラーメンが好きそうなタクシー運転手とか、
調度類の古さも目立ってきた店内に年齢層高めの男が密集する。

今回の注文は、ラーメンライスのAセット。
付いてくる甘さの強いキムチが、この店では何故だか好きだ。

ip1810-IMG_5301.jpg 
手際のよいサーブで供されたラーメン。

このルックス、そして立ち上ってくるスープの香りに、
いささか懐かしさを覚える。

デフォルトでもチャーシュー麺なみのチャーシューボリューム、
そして半個入ってくる味付け玉子。

この一杯に入っていた玉子は崩れもあり少々不出来だが、
半熟トロトロが大勢を占める昨今にあって、頑なにほぼ固茹で、
というのも何だかこの店らしくて良い。

ip1810-IMG_5302.jpg 
スープは鶏をベースに、豚が少々加わり、
節類、煮干、昆布などの魚貝出汁がミックスされる。

こう書くと、昨今のトレンド店のようでもあるが、
どこか良い意味での「なんちゃなさ」があるのが実にいい。

無論、単純平板な味ではないのだが、複雑多層という味ではない。
普段使いとして、何も考えずにザブザブ喰うに最高の味わいだ。

醤油ダレとのバランスも良く、背脂ミンチが程よいコク味を添加し、
またその食感も心地よいアクセント。

ip1810-IMG_5304.jpg 
麺は尾道から取り寄せている平打ちストレート。

しなやかさもあり良い麺だが、何より好きなのはサクサク感。
どこかスナック麺のような顔が垣間見えるのだ。

味良く、加えて上質の「なんちゃなさ」を合わせ持つスープに、
しっかりと美味いが、どこかスナック麺の雰囲気のある麺。

この組み合わせはとても魅力的だ。

ip1810-IMG_5299.jpg 
チャーシューメン並の一杯に、ご飯とキムチで770円。

素晴らしいラーメンライス。

【訪問時期:2018年10月前半】

-------------------------------------------------- 
↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 

食べ歩きランキング

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】 
その8 ・・・ 安定感 
その9 ・・・ 古典回帰
その10 ・・・ ご飯がない! 
その11 ・・・ 改めて美味い
その12 ・・・ 懐かしき優しき味
その13 ・・・ 十二分に価値ある代打
その14 ・・・ 十六番ラーメン


関連ランキング:ラーメン | 西長堀駅阿波座駅西大橋駅