サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


.

リンク

戯言

自己暗示に逃げるしか、
道は無いのだろう、哀れ・・・。

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

正油ラーメン専門店 友愛亭 @その44 (ラーメン:恵美須町) 曲者 ~浪速のジョー&チャーシュー

どうも、ウィリアム・ドラモンドです。

道徳を悟らない者は偏屈者であり、道理を悟れないものは愚者であり、
あえて道理を悟ろうとしないものは奴隷である。

友愛亭へ。

ip2-IMG_0663.jpg 
浪速のジョーのチャーシュー増し。

鶏・昆布ベースのスープに、数種類の醤油と魚醤のタレ。
この組み立てに魅了され続けている。

一見、何てことないラーメンの顔を見せながら、
実は巧者で、貪欲に攻めてくる。

そんな曲者揃いの友愛亭の醤油ラーメンの中でも、
このジョーはかなりの曲者だ。

ip2-IMG_0667.jpg 
友愛亭のスープは基本シンプルで、淡麗の方向性。

鶏の旨味・コク味をベースに、昆布をアシストさせるだけで、
煮干や貝出汁を絡め複雑に組み立てる、ということは基本しない。
(貝出汁や煮干出汁を使う限定メニュー時は別)

余計なことはせず、ただただ淡麗の美味さがそこにある。

ip2-IMG_0669.jpg 
物足りない、単純すぎる。

一瞬そう思わせる側面があるが、食べ進めると、
このキレイな美味さがどんどん深まり、いつの間にか引き込まれる。

そして食べ終わる頃には、この世界の魅力にどっぷりはまっている。

本当に曲者で、隠れ魔性というべき存在だと私は思っている。

ip2-IMG_0670.jpg 
レアチャーシューっぽくも見えるが、しっかりと火が入っている。

レアチャーシューがいくら流行ろうが見向きもせず、
昆布締めを転用した独特製法でしっとりしたチャーシューを作り上げる。

味もしっかり入っているが、薄味に留め、スープを残さず、
また脂っぽくもない。

満足感はあるのに、さっぱりしたチャーシュー、これも独特だ。

この曲者から逃れられそうにない。

※つい先日、浪速のジョーはリニューアルしたらしい・・・。

【訪問時期:2017年10月後半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  


【過去記事】
その35 ・・・ 浪速のジョー
その36 ・・・ 新チャーシュー
その37 ・・・ 右ストレートアンチェイン
その38 ・・・ 本気サンマ
その39 ・・・ 3周年
その40 ・・・ 新チャーシューα
その41 ・・・ フリッカー冷麺
その42 ・
その43 ・・・ トリプル魚介出汁


友愛亭



関連ランキング:ラーメン | 恵美須町駅難波駅(南海)今宮戎駅













スポンサーサイト

とんかつ 真 @その2 (とんかつ:西天満) 揚げ置き ~感動を打ち消す魔物

どうも、フリードリヒ・ハインリヒ・ヤコービです。

木に樹脂がぴったりとくっついているように、
愚者には思い上がりと高慢がつきものである。

ip2-IMG_0042.jpg 
初回の訪問で、その美味さに少々感動を覚えてから、
およそ2週間での再訪。

また気合を入れて、開店前に到着。

ip2-IMG_0043.jpg 
その間には、とんかつ大喜を訪れている。
これだけ短いスパンでとんかつを喰うのは初めての経験だ。

日替り定食などの選択肢もあるのだが、
訪問前から特厚切り上ロースかつ定食に決めている自分がいる。

ip2-IMG_0044.jpg 
嫌な予感は少ししていた。

前回は、入店時に他客はなく、私のとんかつが揚がるタイミングで、
2人目が入店してきた。

今回は開店と同時に、私を先頭にほぼ満席状態の一斉スタート。

ip2-IMG_0048.jpg 
当然、私の特厚切りだけでなく、やたら声の大きなリーマンの日替り分や、
訴訟内容をペラペラしゃべる法律事務所の事務員ぽい女の上ロースなども
同時に取り掛かる。

私の特厚切りが供されたのに続き、声デカリーマンや口軽女などの注文が
次々と供されていく。

ip2-IMG_0049.jpg 
やはり、少々揚げ置かれていたようだ。

余熱で火が入り、感動を覚えたジューシーさは感じられない。

hikaku-IMG_9708.jpg 
上は、前回のとんかつ。
比べてみると、火の入りには明らかな違いがある。

無論、揚げ置かれたことで、衣の食感にも差が出てくる。
前回は気にならなかったが、揚げムラも少し気になった。

ip2-IMG_0047.jpg 
ケチがついたからそう思うのか、真実なのか分からない。
ただ、味噌汁の出汁感も頼りなく感じる。

ip2-IMG_0046.jpg 
前回は、火入れも問題なく、確実に美味かった。
美味いとんかつを揚げる腕はあるはずだ。

しかし、少し混むと仕事が粗くなるというか、
追いつかないと考えざるを得ない。

安定して美味いとんかつを出す行列店がゴロゴロある。
そう思うと、とんかつの東高西低ぶりも絶望的なのかもしれない。

たまに、とんかつが食べたくなっても、こうなるのであれば、
遠いこの店ではなく、ずっと家から近い大喜でいいかな。

【訪問時期:2017年9月前半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ ようやく出会えた美味いとんかつ、とその後・・・。





関連ランキング:とんかつ | なにわ橋駅北浜駅南森町駅













≪前のページ≪   1ページ/1076ページ   ≫次のページ≫