サイトマップ

料理別カテゴリ

地域別カテゴリ

月別アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


.

リンク

戯言

塗れば塗るほど
詐欺加減が強まっていく

最新トラックバック

アクセスカウンター

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:
RSS

千年町 㐂鱗 @その9 (居酒屋:東心斎橋) 寿司、そして移転

どうも、孔子こと孔丘仲尼です。
君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず。

㐂鱗、お盆の特別営業の日。
大将・山本さんが寿司を握るという。

山本さんは時折、遊び心いっぱいの特別営業の日を設ける。
常連客としては、普段とは違う料理や雰囲気がまた楽しい。

ip1-IMG_9513.jpg 
品書きを見て驚いた。

変りダネを含め、寿司屋に転向したのかと思うほど、
種類が豊富で、そして安い値付け。

ip1-IMG_9514.jpg 
突き出しに、干瓢。
食感も良く、素晴らしい味付け。

ip1-IMG_9515.jpg 
つぶ貝の昆布漬け。

ip1-IMG_9516.jpg 
さて、握ってもらおう。
まずは、5カンください。

ip1-IMG_9517.jpg 
生ゲソ、鳥貝。

色の悪い写真・・・。

ip1-IMG_9519.jpg 
ニザダイ、剣先イカエンペラ、白鳥貝。
脂のたっぷり乗ったニザダイに、コリコリと美味いエンペラ。

ip1-IMG_9520.jpg 
蝦夷鮑。
コリカリと生鮑の食感、立ち上る磯の風味を愛でる。

酢飯塩梅も良く、前からここは寿司屋だっけ?
と錯覚してしまいそうだ。

ip1-IMG_9521.jpg 
大アサリ。
これが酢飯にこれほど合うとは思わなかった。

ip1-IMG_9522.jpg 
タイラギのヒモ。
貝好きの私だが、タイラギのヒモはそうそうお目にかからない。
品のある磯の香りとさっぱりした甘みがあり、美味い。

ip1-IMG_9523.jpg 
時鮭(ときしらず)。
輸入サーモンのバターのようなこってりした脂とは違う、
さっぱりとした脂がたっぷりと乗り、それが身の旨味と絡み合い、絶品。

ip1-IMG_9524.jpg 
タイラギ。

ip1-IMG_9525.jpg 
小鯛、しっかり目の締め具合。

ip1-IMG_9526.jpg 
トロ。

ip1-IMG_9527.jpg 
鯖。

ip1-IMG_9528.jpg 
塩水海胆。

ip1-IMG_9529.jpg 
ほっき貝。

チュルンとセクシーな舌触り。艶かしい甘みが美味い。

ip1-IMG_9530.jpg 
煮アブラツノザメ。
さすが魚の変態w。
蛤の煮汁で仕立てた煮詰めが良く合う。

ip1-IMG_9531.jpg 
キハダマグロのヅケ。  

ip1-IMG_9532.jpg 
蛸。

ip1-IMG_9533.jpg 
カペッコ(カペリン卵)軍艦。

ip1-IMG_9534.jpg 
海ぶどう。

ip1-IMG_9535.jpg 
生穴子。

ip1-IMG_9536.jpg 
真かじき。

サラリとした素晴らしい脂の質、脂に負けぬ旨味も備え、実に美味い。

昔々、江戸ではマグロよりも、カジキを格上のタネとした時代があった、
と何かの本で読んだ記憶があるが、それも納得できるぐらい美味いかじき。

ip1-IMG_9537.jpg 
和牛たたき。

2日間だけの特別営業。
山本さんの遊び心たっぷりで、なおかつ、想像を遥かに超える、
寿司をたらふく堪能でき、大満足の夜。

なお、この場所での通常営業は9月30日(土)まで。
10月4日(水)から、
大阪市中央区東心斎橋2丁目6-5 エイトワンビル1階
に移転
、とのこと。

現在のお店は、雑居ビルの3階で分かりづらい場所だが、
新店舗は路面で1階なので、一見さんにも入りやすくなる。

【訪問時期:2017年8月前半】

-------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ 魚の変態の新しき城
その2 ・・・ ヒロメ
その3 ・・・ タナカゲンゲ卵・イソシジミ
その4 ・・・ サメ
その5 ・・・ 白甘鯛
その6 ・・・ 鯨皮
その7 ・・・ 鯨
その8 ・・・ 鱧のきつね揚げ





関連ランキング:居酒屋 | 心斎橋

スポンサーサイト

北新地たゆたゆDX @その17 (焼きとん:北新地) 美しく、美味い串

どうも、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェです。

自分の知っていることに背いて語る者だけが、嘘つきなのではない。
自分の無知に背いて語る者こそ、嘘つきなのだ。

ip1-IMG_9710.jpg 
北新地たゆたゆDX。

環境が変わり、梅田へ行くことが極端に少なくなった。
調べてみると、前回の訪問は2年前。

スタッフはかなり入れ替わっているが、焼き手の偉いさんを含め、
知った顔もあり、懐かしさがこみ上げてくる。

ip1-IMG_9711.jpg 
突き出しの生野菜。

完全予約制の3号店が現在試験営業中(?)で、
その名も「北新地たゆたゆDXDX」。

店は隣なので、大将にもご挨拶できた。
さあ、本店から異動してきた偉いさんが焼く串を堪能しよう。

ip1-IMG_9712.jpg 
豚トロ。
このサクッとした表面、この焼き加減がたまらない。
肉の旨味と脂の甘みを十二分に堪能できる素晴らしい部位。

ip1-IMG_9713.jpg 
ip1-IMG_9714.jpg 
ip1-IMG_9715.jpg 
ハツ、フク、ガツ。

やはり、新地たゆたゆの串は素晴らしい。
えるびすと比べるのは、新地たゆたゆにとって失礼に値するだろう。
それぐらい、素材、そして焼き技術の差がある。

焼き上がりも実に美しい。
ビジュアルが美味い串であることを語っている。

ip1-IMG_9716.jpg 
コブクロ。
この張り、この白さ、そしてクセのない旨味。

新鮮かつ経産豚だからこそ、そして焼き技術があるからこその美味さ。

ip1-IMG_9717.jpg 
長芋の漬けもん。

ip1-IMG_9718.jpg 
豚バラ生姜巻。
豚をパリッと、生姜はシャッキリ辛く、余計な味付けをしない。
素晴らしい。

ip1-IMG_9719.jpg 
つくねチーズ。

ご無沙汰にも程があるほど久々の訪問だったが、
やはり群を抜く美味さ、そして居心地の良さ。

東京チューハイ置いてくれたら、もう一切浮気しないのだが・・・。

【訪問時期:2017年8月後半】

------------------------------------------------- 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 
人気ブログランキングへ  

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その5 ・・・ ハツ&コブクロ
その6 ・・・ 河内鴨
その7 ・・・ コブクロ
その8 ・・・ ハツ
その9 ・・・ 看板娘
その10 ・・・ 乳かぶ
その11 ・・・ 本店も
その12 ・・・ 締めに煮込み
その13 ・・・ 乳かぶ転向
その14 ・・・ ハシゴ
その15 ・・・ 豚刺し
その16 ・・・ またハシゴ


北新地たゆたゆDX


関連ランキング:焼きとん | 北新地駅渡辺橋駅大江橋駅


≪前のページ≪   1ページ/1053ページ   ≫次のページ≫